庭しごと -掃除編-

庭しごと -掃除編-

プランの「1. 先住植物の剪定、掃除」、はじめました。

1日目

我が家の庭。

手付かずのボーボー状態です。

引っ越した当初よりは、雑草も生えて少し芝が緑色になってきたけれど、
庭全体が、枯れ芝で覆われている。

道路に向かって右奥に、立派な銀木犀。
写真に写りきらなかったけれど、長い間手入れされていなかったようで、かなりもりもりしている。

お隣さんからも笹やツキヌキニンドウらしき蔓が縦横無尽に伸びてきていて、頭上の電線にも絡まりはじめていて、ちょっとこわい。。

正面には、まばらにイヌツゲが4つ。
その左側にも、謎の小さい庭木。

かわいそうだけど、畑の予定エリアなので、全員さよならします。
1本ぽつんとあるナンテンは、なんとなく残そうかな。

上から。

先住植木鉢もいくつか。
レンガやブロックは、庭に点在していたのを、拾って乾かしているところ。

ご近所さんが、先住の方は忙しくて庭の手入れが出来ていなさそうだったと仰っていたけど、
庭いじりは好きな方だったのかなと思う。

シャベル、鎌、熊手、枝切りばさみ。

子供の頃に、実家の小さい庭を母が世話していたのを思い出しながら、
ミニマムな道具をとりあえず揃えた。

銀木犀を剪定

なんとなくまずは、家の中のお掃除と同じで、高い場所から。
銀木犀をさっぱりさせたかったので、枝切りばさみでひたすら剪定。

銀木犀の根元のエリアが、おそらく庭の中で一番カオスで、
一面に草イチゴが繁殖していたり、銀木犀の数年分かと思われる枯葉が何センチも積もっていたり。

枯葉はそのままいけば、いい感じに土に還りそうだったけれど、
全貌がまったく見えないので、今回はきれいにさよならしました。

木の上の方が届かなかったけど、ひとりではしごに登るのは大惨事を引き起こしそうなので自重。
上半分だけがもりもりしている、変な状態で一旦おわり。

つづく